ガンの治療方法 | 負けない諦めない徹底的に治す|早期治療と早期発見の重要性

ガンの治療方法

笑顔の医師たち

リニアックと定位放射線治療装置の違い

がんや腫瘍の治療を目的とする放射線治療装置には様々な種類が存在します。代表的なものにリニアック装置、定位放射線治療が挙げられます。 リニアックとは、高エネルギーX線を利用したもので、病巣の種類や深さに対し任意の線量を照射する事が可能なものです。広範囲に適した照射も可能とし、全身幅広い症例で用いられています。一方定位放射線治療装置とは、X線やガンマー線を利用したもので、病巣に集中的に放射線を照射したものとなります。定位放射線治療では、集中照射という観点から、小さな病巣、周囲に重要な正常組織がある場合に利用されるものです。ただし、定位放射線のほとんどが頭部に限った照射となっています。頭部領域における治療では、リニアックでも照射は可能ですが、定位放射線治療装置を用いたほうが、正常組織にダメージを与える割合が少なく効率的に治療が行えるものとなっています。

定位放射線治療装置の種類

定位放射線治療装置には現在、2種類の装置が存在しています。一つはガンマーナイフと呼ばれる装置で古くから放射線治療分野で活躍していました。そのこともあって、十分な治療実績が残されており全国各地で普及されている装置となります。 もう一つはサイバーナイフサイバーナイフと呼ばれる装置です。ガンマーナイフ開発に携わった海外の教授が、ガンマーナイフの欠点を克服するために開発した装置となります。国内に登場したのは十数年前をかなり若い装置でありますが、治療実績はガンマーナイフに劣らないものとなっています。 サイバーナイフは現在最も重要視されている定位放射線治療装置です。国内では、頭部領域のみならず頚部領域にも照射可能としています。サイバーナイフは、元々全身でも照射可能とされている事からも、将来全身のあらゆる病巣に照射可能とし保険適応の拡大にも期待がもてる装置となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加