ドクター達
乳がんは増加している
手術風景

実は女性特有の病気である乳がんの発症率はどんどん増加しています。乳がんは早期発見と早期治療を行えば必ず完治出来ますので、定期的に検診を行うことが必要になります。

Read more

相場などについて
医師と患者

乳がんを発症させなためには日頃からの生活を改善することだけでなく検診を受ける必要があります。検診の費用の相場は基本的には3,000~5,000円となっていますが、医療機関によって異なることがあります。

Read more

乳がんを防ぐ
患者に微笑む医師

女性特有の病気である乳がんの発症は年々増加している傾向で、検診による早期発見や対策をすることが勧められています。検診にはマンモグラフィなどをつかって行うことが多いです。

Read more

ガンの治療方法
笑顔の医師たち

死に至る病として恐れられていたガンですが、最近では化学や技術の進歩から絶対に治せる病気になっています。ガンには多くの種類があり、その症状によって治療方法は異なります。

Read more

難病の1つ

包帯を巻く様子

後縦靱帯骨化症の発症のメカニズム

後縦靱帯は、背骨の中にあり縦に走っている靭帯です。後縦靱帯骨化症は後縦靱帯が骨になってしまう病気です。その結果脊柱管が狭くなってしまいます。神経症状や運動障害を引き起こす可能性がある厄介な病気であり、2015年1月1日から難病に指定されています。 中年以降に発症する確率が多い病気で平均発症年齢は50歳前後です。後縦靱帯骨化症を性別比で表した場合2:1で男性の発症率が高いことで知られています。 また、糖尿病のリスクを抱えている人や肥満傾向のある人には起こしやすいです。 原因と考えられていることは単一的な原因ではなくいくつかの要素が積み重なった結果後縦靱帯骨化症を引き起こすことが指摘されています。性ホルモンの異常や遺伝的要素などが関係しています。

難病の一つですが治療方法自体は確立してあります

後縦靱帯骨化症にかかった場合には外科の治療となりますので、病院の外科で治療を行います。難病指定されている病気ですが、治療方法についてはありますので治らないというわけではありません。 まず患者に行うことは圧迫されている神経を保護することから行います。外固定装具を装着することで安静にさせます。 症状が重度の場合においては手術を行います。骨化した部分の状態により手術方法は異なってきます。 骨化の部位は放置することで拡大して別の靭帯にも及ぼすことがあります。ただ、症状の進行が急速に進むことまではまれです。 手術によって治ったという場合でもまた再発する可能性は指摘されています。ですので生涯に渡っての画像検査を行う必要があります。 この病気にかかった際には神経障害などによる麻痺からの転倒に注意する必要があることを留意します。

このエントリーをはてなブックマークに追加